音楽のこと、    日々のこと、      気ままに つれづれに。


by rie_hoy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ないっ!

a0166745_0381035.jpg

おさるのジョージといっしょにつけていたストラップ。

恋の花咲く縁結び。
乙女の祈りは合わせ貝。

の。

貝ぶぶんがなくなってる…。


オケの練習に行くため持ち出すときは
いっしょに付いてた小さな鈴が
ちりりんとなった……はず。

練習前にマナーにしたときは……記憶なし。
休憩中に携帯みたときは……記憶なし。

練習後に気づいた。

あーあーあーあー。


ということで、
明日、日付かわってもう本日、には
オケのサマーコンサートがあります!
a0166745_0463587.jpg

本番前のロビーコンサートでは
わたし「時計」役です!

お時間あるかた、入場無料なので
涼みがてらにぜひどーぞ♡

会場ではかない桃色の貝をみつけたら
そっと差し出してください。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-31 00:57 | LIFE




涙がでました。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-29 00:36 | LIFE

a0166745_1234444.jpg

先日の海の日に、
しょこさんの職場であるグループホームで
よつば演奏してきました。


チェロ子とわたしは2回目で
ビオラ子合わせての3人では初です。
初場所です。


前回はご依頼から演奏まで日がなかったこともあり
本当に手持ちの持ち曲の中からだったけれど
今回はこの日のために新曲も準備しました。

個人的には「りんごの唄」だいすきです。


みなさん本当に熱心に聴きいってくださって
曲に合わせて口ずさんでくださるかたもいて
とてもとてもうれしかったです。


けっして上手ではないけれど
そんなわたしたちでも演奏することで誰かに喜んでもらえたら
それはこの上なくしあわせなことだと感じます。


合奏のむずかしさも毎回思い知りますが
なにかを伝えたい、楽しんでもらいたいという懸命な想いと
自分の内側から発信するという面白さ。
その結果のだれかのよろこびだったり楽しみだったり。

そのスパイラルのおおもとって
やっぱり「ひと」なんだなー。と。


今これを書きながらしみじみ思ってみました。



次回は8月!
熊本は荒尾地区の某自治区さんの納涼祭での演奏です。

よつば浴衣演奏が実現なるか。
これはもうチェロ子の衣装にかかっています。

ビオラ子とわたしは立って演奏するからいいんですが、
チェロ子はどうしても座っての演奏です。
座って、開脚します。
チェロはさむから。

そうなると浴衣ではだめなのでさぁどうするか。

岡っ引きのかっこしなよ、足袋はいて。
としきりにすすめたんですが却下されました。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-28 01:50 | よつばカルテット

ぼんくら


ブログ。

しばらく書いてないから
なにか書かなきゃー
と思って書きかけてたけど
あまりにまとまらない書きようで
あ、わたし今書きたいことないんだ
と気づいて消してはこんなこと書いてます。

柿食う客は、みたいなノリで。

早口でね。



趣味が合う人って
趣味が合うって分かったときの喜びは
なににも代えがたいくらい嬉しいですよね。

私にはそれが本でした。


私より年上の会社の同僚。

以前からマンガの趣味が合うので
貸し借りをしては話が盛り上がる仲でした。

社内メールで「(ワンピースの)サボの生死について」を
推測しあう仲でした。


先日、でんわのついでに「最近(マンガは)ど〜う?」と聞かれたので
「最近は時代小説にハマってるんですよ」と何の気なしに言ったら
「あら!!私も時代小説はだいすきよ!」
「ええ〜〜!!」

わたしはその方が小説を読まれるとは想像してなかったからびっくり。
でもその方曰く
「マンガの趣味が合うひとは小説の趣味も合う」そうです。

ということで
a0166745_2315226.jpg
おすすめいただいた宮部みゆき著「ぼんくら」「日暮らし」シリーズ。

めちゃくちゃ面白いです。
今再読中です。


えーと、
昔学生時代に「この話を要約しなさい」という問題がよくありましたが、
今のわたしにそんなフォースはありませんので
たとえば「ぼんくら(上)」の裏書きにはこうあります。

「『殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」
 ー江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。
 その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。
 いったい、この長屋には何が起きているのか。
 ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。
 著者渾身の長編時代ミステリー。」

ね?
これだけでももう面白そうじゃないですか?

ひとつ前に読んでいたのが
宇江佐真理著「深川にゃんにゃん横町」だった(これまた面白かった!)ので
「深川」「長屋」ときちゃぁほうっとけない。


結末を知ってると
話のアタマからの「?」がぜーんぶ結びついて
「?」のモヤモヤはないけれど
結末を知っているからこそおきるモヤモヤもあったりして。

読み始めると切り上げるのに苦労します。

同心・平四郎が主人公かと思いきや、
長屋の住人たちのイキの良さ、
そして後から登場してくる平四郎の甥っ子や岡っ引きたち。

もう、絶妙です。


いまの時代には見られない光景と
いつの時代にも変わらないものがあります。

お?

と思われたかたはぜひ。

後悔させません!


あぁ、柿食う客くだりでちょろっと書くつもりが
盛り上がっちゃったー。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-25 23:40 | LIFE

エンスト


車がエンストするようになりました。

オートマ車です。
オートマチックなのに。
オートマチックはエンストしないと思ってたのに。

信号待ちで続けざまにエンスト。

エンジンが悲鳴をあげているようです。

まだ…6年目なんだけどな。

クーラーつけるからかな。

エンストまでしなくても
信号待ちで停まっていると

ドゥルルン…ドゥルルン…

と今にも落ちそうになります。

でもその音を聞くと
ルフィの「ギア3」を思い出してしまいます。

何かがでっかくなりそうです。


あぁ昨日の演奏会の報告じゃなくて
こんなのかいちゃった。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-19 21:08 | LIFE

インフェルド赤!


小倉へいってきました。
バイオリンしょって。
高速バスで2時間、往復4時間の小旅行。


今年はちゃんと早起きして
バス待ちの間パン買えるくらい余裕でした☆
(去年は寝ぼうでバスを断念w)

早起きすると1日がとても濃いくて充実。
重要ですね、早起き。



1年ぶり以上にきちんと調整してもらいました。

駒がすこし歪んでたので削ってもらい
魂柱をずれを治してもらい。

そして弦交換。

今回はじめて【インフェルド赤】にしてみました。
a0166745_1403743.jpg


今までずっと
E→ゴールドブラカット
A、D、G→ドミナント でした。

ドミナントも好きなんだけど
特有のシャーシャー感の目立ちが気になってきたのと
他の弦もはってみたかったので。

パリパリしてるのではなくもっと深い音がいいと話して、
いくつか教えてもらった中で
インフェルド赤を選びました。


で、はってみたらこれがいい!

シャーシャー感もないし、
深いというかやわらかくて厚い感じがします。
わたしは好きです。

あと楽器自体を調整してもらったことで
もうびっくりするくらい音がでました。

もうびっくりするくらい。

駒が歪んでることで
きちんと響いてなかったようです。

もうびっくりするくらい。

今まで弾けなかったのは
楽器のせいじゃなかったのかってくらい。

もうびっくりするくらい。


おかげで今日のオケ練の楽しかったこと!
今まで弾けなかったところは
変わらず弾けなかったけれど…。


今から弦がなじんだらまた変わるかな。
楽しみーー。
[PR]
by rie_hoy | 2011-07-17 02:01 | バイオリン

駅前にあるお花屋さんの前を通ると
つい買ってしまう。


あ。

と思ったら、何も考えずに手に取って。

ピンクのピンポンと
a0166745_16345581.jpg

トルコキキョウ
a0166745_16384337.jpg



そして


母作でこうなる(笑)
a0166745_16395091.jpg

[PR]
by rie_hoy | 2011-07-16 16:41 | LIFE