音楽のこと、    日々のこと、      気ままに つれづれに。


by rie_hoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:おんがく( 15 )

オケのまんなか


少し前のオーケストラでの合奏。
たまたま真ん中らへんの席になりました。

左のおとなりさんはビオラで、
真後ろにはフルートさん。

初めて楽器をこえるパートのはしっこの席。


はじめはよその楽器につられそうなのかと思っていたら
これがとても楽しい場所だった。


すぐ左からはビオラの旋律。

真後ろからは息づかいも聞こえてくるフルート。

ななめ後ろからは、ボタン(?)の音も聞こえてくるオーボエ。


バイオリンの中に埋もれているよりも
楽しさ増しました♪


まだまだ知らないことだらけのオーケストラ。
いろんな発見があります。
[PR]
by rie_hoy | 2011-10-12 23:57 | おんがく

集中!


めずらしく集中したチェロ子との合わせ練習。

いつもはちょっと弾いてはお茶、ちょっと弾いてはおやつ、
の繰り返しなのに。


なぜなら!

がんばって練習してからここに行くと決めてたから!!
a0166745_21143652.jpg

やっぱりおいしいです。やま中のもつ鍋!!!


まんぷくでの帰り道には
鳥栖にあるパフェで有名なブルーによりました。
がっつりデザート♡

おいしいものはしあわせです。
[PR]
by rie_hoy | 2011-10-10 21:19 | おんがく

SUNSET!今度こそ!


そんな紆余曲折を乗り越えて、

芦屋を11時に出発し、
SUNSETのゲートに13時まえに到着。

ゲート付近で聴こえてきたのは
Ringin' Bells Rondo Club!!

わくわくな音に引き寄せられるように
その人だかりの中に吸い込まれて行きました。

最後の一曲だけだったけれど(;;)
SUNSETでリンギン聴けてよかったー。

その後も浜辺でカレー食べてまったりし

PALM Stでオーサカ=モノレール。
なかなか面白かった。

なぎさ食堂 夕凪ライブで
大石みつのんさんとコロンビア浦野さん。
笑った笑った。
聴きいってしまう魅力があります。

またPALM Stでクラムボンちょこっとみて
早めに東田さんのところに移動。

が。

17時目前なのにステージでは外人さんがセッティング。
「今回サポートが外人さんなの!?」
なんてのんきにいたけれど、

ボーカルマイクが2本立てられたところで
いち早く(すでに遅い)異変を察知したチェロ子が
「なんでマイク2本…?」

わたしたち、BEACH Stにいました…。
東田さんは、SUNSET Stでの演奏です…。

急いで東田さんの声のするほうへ。

上から生い茂る木を抜けると
そこはまさに東田さんの空間でした。

最後、ハレルヤで太陽が顔をだしたのは
ほんとうにキセキだと感じた!


そして二列前にはsatsukiさん、
右方向にはJinさん。
お二人にもお会いできてお話しできて嬉しかったー!


休憩にかき氷を2杯食べて、
SUNSET Stに戻って金原千恵子さんのリハを座って聴く。

ステージ始まって二曲目で大雨になってしまい
かなりばててもいたのでそのまま退散しました。


間違いだらけの初SUNSETだったけど、
とてーーもたのしかった!!!
[PR]
by rie_hoy | 2011-09-07 22:31 | おんがく

SUNSET!に辿り着くまで

運動会でひとしきり走り回った翌日。
そこは楽園、SUNSET。


初フェス、初SUNSET。
もう前日からわくわくでした。

当日は11時Openに余裕を持ってつけるよう、
行きは高速代節約して下道で行こうと
朝8時に出発。

ナビに入力して行きの車中では
やいのやいの話してあぁ楽しい気分満載!

2時間半のドライブで、さぁさ着きました!
意外に渋滞もしてないし、すいすい来れたねー
なんて話しながら。

で。

人だかりがまったく見えない。
駐車場も、車20台も停まってない。
柵のむこうは公園内で芝刈り機をあやつるおじさん。
大音量のスピーカー系がまったく聞こえない。
有線しか流れてない。
浜辺も人いない。
犬を散歩させてる黒いジャージのヤ○キーしかいない。

はて。

いくらなんでもおかしいと気づき、
パンフレットの「海水浴場キャンプ場」という部分に目を付ける。

「キャンプ場」ということは、
ここ(海水浴場)からもしかしてひと距離あるのではないか?

刻々と近づいてくる開場時間。

探してる時間はない、人に聞こう。
と、観光案内所の窓をたたきお兄さんに聞く。

わたし「あの〜、SUNSETのライブ会場ってこの近くですか?」
お兄さん「(初めて耳にする単語を聞き返すように)え?なんですか?」
わたし「えーと、ライブがあってると思うんですけど。」
お兄さん「今日ですか?」

3日間通してのSUNSETの最終日…
知らないはずはない、とイヤな予感。
と、そこで横の席にいたおじさんが出てきて

おじさん「あぁ、コンサートでしょ。あ〜…ここじゃないよ。
まだ福岡の向こーうだよ。ここは全然違うね」



SUNSETの案内には
「芥屋海水浴場」って書いてあったんです。

地名で「○屋」ときたら
「かすや(糟屋)」とか「あしや(芦屋)」くらいしか
思い浮かばなかったんです。

で、糟屋は漢字が違うと分かったので、
あぁこれ(芥屋)はきっと「あしや」だな!!

と思い込んでしまったんです…。
はい、
正解は「芥屋(けや)」なんです。

そう言われたら「けや海水浴場」って聞いたことある…。


ナビに「芦屋」と入力したとき、
行き先が北九州だったので、「こっちだっけ?」
としきりに不安にはなったんです。

だって糸島であると聞いていたので。

久留米からでてくる私にとって、
北上して福岡まで出て、
右に曲がれば北九州、左に曲がれば糸島。という感じです。
真逆です。

糸島のはずだけど、
ナビはこっち(芦屋)を示してるんだから間違いないよね。
とちょっと不安になりながらも
機会に頼らざるを得ない知識のなさ。


ひとしきりぎゃーぎゃー騒ぎ笑って、
もうここまできたら仕方ないね、
とコンビニよって小腹を満たす。

笑いがふと込み上げてくる。

運転席と助手席で交互に笑いが込み上げてくるので
つられて笑う。

ということを繰り返して
結局都市高つかって行きました。


漢検勉強します。
[PR]
by rie_hoy | 2011-09-07 22:08 | おんがく

うつくしいもの








美しいです。

音がやわらかい。

すてきです。

小瀬村晶さん。
[PR]
by rie_hoy | 2011-08-24 22:25 | おんがく
桃色のあしもとで出かけた先は

a0166745_2581271.jpg
師匠がされているカルテット
「みおりカルテット」のコンサート。

個人病院に併設されたホールで
去年の春につづき二回目の演奏会です。


今年の春に聴いたときにも感じたことは
…なんだかパワーアップしてる!
ってこと。

以前にも増して深み、厚み、すごみ?
が濃くなったきがします。
かっこいいなぁ。


■プログラム

ディベルティメントK.136
G線上のアリア
ユーモレスク
愛の喜び
シンコペーティッドクロック
踊る子猫
日本の四季より『夏』

帰り道
トトロより猫バス さんぽ 崖の上のポニョ
カノン
宇宙戦艦ヤマト
翼をください
赤いスイートピー
上を向いて歩こう
見上げてごらん夜の星を

ふるさと


・・・

よつばカルテットと
同じ楽譜を使っている曲が二曲。

だのにまったく違うように聴こえるから
あらまぁおやまぁふしぎ。笑

迫力が、すごい。
息づかいが聞こえてきそうなね。



そしてこのホールがものすごいんです。
a0166745_3151347.jpg

音の響きももちろんすばらしい!

し!!!

こっちのトイレで座ったらどこからともなく
クラシックが流れてきたり

あっちのトイレでは隣にシャワールームが
併設されていたり(ビオラ子目撃談)

こんなかわいらしいオブジェが
a0166745_318857.jpg

置いてあるのがトイレだったり。

ね。

うん。
[PR]
by rie_hoy | 2011-06-19 03:26 | おんがく

みおりカルテット

a0166745_1385018.jpg


師匠がされているカルテット
「みおりカルテット」です。

4月2日に石橋文化センターの桜並木での演奏
聴きに行きました。


40分弱の演奏時間だったけど、
ほんとうにあっという間に感じました。

演奏が始まったとたん、
引き込まれる感じでした。
かっこよかったーーー!


カルテットって
カルテットって
ほんとうにいいなぁ、

とつくづく思いました。

a0166745_146441.jpg

[PR]
by rie_hoy | 2011-04-17 01:47 | おんがく











どんどんどんどん、輪が広がりますように☆
[PR]
by rie_hoy | 2011-03-30 18:23 | おんがく
araitakehito 3010 anniversary live
[Clap your hands, Take my songs]

a0166745_23372610.jpg


a0166745_2337396.jpg


a0166745_23572773.jpg


a0166745_23382667.jpg


a0166745_2338433.jpg


a0166745_2339493.jpg


a0166745_2339184.jpg


a0166745_23552275.jpg


a0166745_23554636.jpg


a0166745_23564012.jpg




リンギン新井さんの、
アコーディオン演奏10周年、そして30歳を迎えられるという節目の
記念ライブに行ってきました。

もう、豪華すぎました!!!

私がリンギン新井さんを知った頃には
もうほとんど活動してなかった[porco]や、
ずーっと聴いてみたかった[MADOKA PLAYBOYS]も
聴くことができてほんとにうれしかった!


たくさんの元気をもらいました!



帰ってきたら久留米は大雪!
a0166745_23583265.jpg

a0166745_23585135.jpg

a0166745_2359263.jpg




ということで(笑)

2010年、たくさんの方々にお世話になりました。
ありがとうございました!!!

来年もみなさまにとって
すてきな年になりますように!

2011年もよろしくお願いします★
[PR]
by rie_hoy | 2010-12-31 23:59 | おんがく
今日、生きていることは当たり前なことじゃない。
奇跡のようなものなんだ。
その奇跡を、生命を、みんなでお祝いしよう!


コンサートタイトルの「cELEBRATION」、
つまり“お祝い”には、そんな意味が込められているそうです。

NORIYUKI MAKIHARA
SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT
『cELEBRATION2010〜SING OUT GLEEFULLY!〜』
a0166745_0581315.jpg


サブタイトルの「SING OUT GLEEFULLY!」には
自分が生きている喜びを、大きな声でみんなで叫んだり、
ニコニコ笑いながら楽しく歌おうじゃないか、
という気持ちが込められているそうです。

a0166745_059144.jpg


10/22に日本武道館でのマッキーのコンサートに行ってきました。

初めてのマッキーコンサート。

何年も前に一時期どっぷりハマったことがあったけれど、
それ以降は、「耳にする好きなアーティスト」でした。


今年の夏、たまたま見かけたYouTubeでの映像。

それが2004年と2005年に行われた、
フルオーケストラでのマッキーのコンサート、
「cELEBRATION」でした。

その圧倒的なすごさに、
パソコンに食い入る日々が続いて。

ふと覗いたマッキーのサイトで、
今年コンサートが、
しかも「cELEBRATION」があることを知って。

タイミング的に、もう行くしかないと思ってから数ヶ月。
本当に楽しみでした。


コンサートは2部構成となっていて、
前半がしっとりめのスローテンポな曲、
後半がアップテンポでノリノリな曲。

20周年ということもあって、
最新アルバムを引っさげて、というのではなくて
過去の曲もたくさんでした。


1曲目、私は知らない曲だったのだけど、
マッキーの、会場の奥どこまででも伸びる声と、
押し寄せるオーケストラ、バンドの音に、
ただただ感動して
込み上げてくるものを押さえることができませんでした。


合間のトークも、人の良さというか、
ハートのあたたかさがにじみ出て、
こちらが笑顔になってしまう。


大きな会場いっぱいに音を造り上げたかと思うと、
ふと小さなライブハウスでしているような空気を造り出したり。


スローテンポの曲を聴いているとき、
まるで語り部の物語りを聴いているようでした。


稚拙な言葉でしかここに書けないのが悔しいけれど、
ほんとうに「天才」なんだなぁ、と。

大好きな「太陽」が聴けたのも、
とても嬉しかった。


たっぷり3時間半、たくさんのエネルギーをもらったコンサート。

ほんとうにただただ楽しくて、
マッキーから言われた、
コンサートに大事な「笑顔」と「想像力」を
たっぷり使った3時間半は、

何よりも自分自身にとっての『祝賀』でした。
[PR]
by rie_hoy | 2010-10-25 01:27 | おんがく