音楽のこと、    日々のこと、      気ままに つれづれに。


by rie_hoy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

3333


a0166745_22324887.jpg

いってきたーー!!日本一の石段@熊本。
その数3333段!!!

a0166745_2234437.jpg

a0166745_22351815.jpg

正直、
1000段くらいまでいけたらいいやか?
なんて思ってました。


スタート地点でまずおどろいたのが
ファミリー連れの多いこと!
しかもほんとに3歳くらいの子からバリバリ上ってます。


野球部がトレーニングをしていて、
2往復していたこと。
しかもみんなとても礼儀正しい!
すれちがうときに元気よくあいさつ、はもちろんのこと、
ちゃんと帽子をとってもあいさつしてる子もいました。


すれちがう時は皆さんきもちよくあいさつをします。
マナーですね☆


休憩中におしゃべりをすることも多かった。


途中仲良くなったおじちゃんは、
なんと月3回は上りに来ているそう。

スタートは同じだったけど、
おじちゃんがUターンで下っているときに
わたしはまだ上りの途中で、
そこでもまたしばらくおしゃべり。

上りやすい方法や日本一を上ることがいかに自信につながるか、
足のケアからこの石段でのイベント、
それから冬景色の石段のようす、
熊本の歴史についてまで…ほんとにいろいろお話してくださいました。


福岡からご夫婦でこられている陽気なおばさま。

福岡タワーを上り尽くして、
ここ熊本の石段にくるようになったそう。
「前進あるのみ!」
と明るく笑ってのぼる姿が印象的でした。


休憩所でいっしょになった家族連れのお父さん。
娘さんにむかって、
「○○(なまえ)、ここできついからもうやめるーって言って下に戻るのと、
 泣きながらでもがんばって上るのとじゃぁ
 全然達成感が違うからな。がんばろうな。」

背中で聞いていたわたし、なんだかじんとしてしまいました。
このお父さんは、この石段のことだけを教えてるんじゃないんだね。


わたしが2700くらいのところでぜぇぜぇと立ち止まっていたら、
「もう少しですよ!」
と笑顔で声をかけてくれたかわいい女の子もいました。


下っているときにすれ違った青年5、6人組は、
「今度こいつが結婚するので、(新婦に)サプライズでしてます。
 このTシャツになんでもいいんでメッセージお願いします。」
っていうのもあった☆



追い越すとき
追い越されるとき
すれ違うとき

すべてが出会いのようなきがしました。


1000段行けばいいほう。
なんてとんでもない!!!

上れば上るほど、その先にいきたくなります。

もともと短距離・瞬発系より
長距離・持久系がすきなわたし。
上りながらもう楽しくて楽しくて。
ハマりそうだわ〜って思いました。


頂上へついて、
その先の釈迦院までいってきて
物見やぐらのような休憩所での風は
ほんとうに気持ちよかったです。


今度は下り。

実は、上るのより下りがきつかった。
足がガクガク笑うんです。
そして見下ろす急な下り階段はけっこうこわい。
さらに空腹(笑)←これが一番つらかったかも(笑)

今度行くときはぜったいおにぎりかおやつ持参です!
お腹すきます!!


下って行くと途中で、上りで会ったあのおじちゃんが!!
笑いながら
「あんたたちがいつまでも下りてこんから迎えにきたよ〜」
なんて言ってくれました。
そしておじちゃんはそのまま2回目の上りにいきました。(すごい!!)



無事に下りおえたときはほっとしたー。
もう足が笑いっぱなしやったし、あがらんやったし。


それから平山温泉によって帰りました。


じつに体育の日らしいことをした体育の日。
あしたの足がきになるところです。


でも!!
ほんとにオススメです!!
また行きたいです!!


「一見Sにみえて、実はドMよね」とはチェロ子談(笑)
[PR]
by rie_hoy | 2011-10-10 23:28 | LIFE